ワーク

【就職活動】実際にエンジニア就活を経験した僕が、効率が良い就職活動の方法や面接の対策を紹介!

悩んでる人
もうすぐ就活。効率が良い就職活動の方法は?面接の対策はどうしたらいいの?

 

今回はこのような疑問にこたえていきます。

 

Buzzdooは主にエンジニア・プログラミング初心者へ向けての情報サイトですが、今回の記事は就職活動を行う方全員に読んでいただきたい記事です。

 

実際に就活を経験した僕が、効率の良い企業の探し方と面接の準備の仕方を教えます。
Hide

 

それでは、参りましょう!

 

 

就活って、誰がするの?

学生から社会人へとなる時に多くの人が就職活動を行っています。

 

会社に勤め始めてしばらくしてから、何らかの事情で別の会社に勤めるための、転職活動をスタートさせる方もいます。

 

仕事をしながら、次の仕事の転職活動をしようとするとまとまった時間が確保できない中での活動になり、新卒採用を狙っている方より大変になります。

 

ネットで仕事を探すのは便利だけど、労力の無駄。

求人票を見て希望の会社を探し、連絡をして、面接までの日取りを決めることは手間がかかります。

 

ネット環境が普及するようになって、連絡方法は電話に限った話ではなくなり、メールやサイトの専用フォームが便利です。

 

ですが、メール等で日程のすりあわせができたとしても、実際に採用面接に出かけるのは大変ですし、時間も費やします。

 

就職フェアを利用するこが効率が良い!

就職活動では、就職フェアというイベントの案内をよく耳にすると思います。

 

新規採用者を求めている企業が複数、1つの場所に集まることによって話を聞きに来やすくなったり、他社とのコラボができるきっかけにもなります。

 

各企業が開催する相談会や説明会とよく似ていますが、就職フェアは、そのまま採用面接試験にスライドするということもあります。

 

また、就職フェアの最中に面接をせずとも、今後の日程を把握できるということは重要です。

 

転職活動をする時は、各企業ごとに自己分析や面接対策が必要になりますが、正社員として職を得ながらやっていると時間が足りなくなります。

 

就職フェアに行くことで、限られた時間の中でどんな企業が求人を出しているかを網羅できますので、これはという求人が見つけ出せます。

 

就活で最も大事なのは、面接!

就職活動を成功させるには面接攻略が必要です。

 

就職活動をしながら面接の練習をしておくことが必要です。

 

きちんと相手の目を見て話すことはきはきとはっきりした声で話すことよりはまず結論から述べる、会話のキャッチボールを心かげることなどを意識しましょう。

 

就職活動では避けて通れないところですので、面接準備は入念に行いましょう。

 

面接試験は、就職活動の天王山といっても言いすぎではありません。

 

面接の結果によって、就職活動がうまくいくかどうかが決まります。

 

就職活動の最中は、面接に関する情報収集や思考のまとめをしておきましょう。

 

いったいどのような対策をしておいたら良いのでしょうか。

 

会社の戦力になる人材を見いだすため、企業側も目を皿のようにして1人1人を見ているでしょう。

 

面接試験は、筆記試験と違い正解は一つではありません。

 

会社の求めている人材と就職希望者とがいかにマッチしているかが最大のポイントになります。

 

採用面接を受けることが、就職活動をする時に一番大変なことだと考える人は多いようです。

 

多くの場合、就職試験はまず書類選考がありますが、企業によっては書類選考はすっ飛ばして採用面接からスタートします。

 

書類選考の時点で脱落者が多くなるのは、少ない採用枠に大勢の人が応募した場合です。

 

その分、面接まで残ったのであれば、ぜひとも面接試験は成功させたいものです。

 

ハローワークや人材あっせん会社では模擬面接を開催して面接の練習ができるところもありますので、利用するといいでしょう。

 

面接の基本形式とは?

会社によって面接のスタイルは異なり、質問内容も違いますが、大まかには似通った傾向があります。

 

自己紹介は自分のことについてですから、自己PRの場でもあります。2分以内とか簡単にといわれることが多いので、前もってある程度言いたいことを準備しうまくまとめておくことも大切です。

 

どのような志望理由でこの会社を選んだのか、ということを聞く会社が面接では多いです。

 

同業の他社ではなくこの会社を選択した理由はどこにあるのか、わかりやすく説明して欲しいと言われることもあります。

 

中途採用の面接

新卒者ではなく中途採用での面接では、以前の職場を離れる動機やこれまでしてきたことを聞くこともあります。

 

リストラや自己都合で退職した人は、理由を含めていかに前向きに思わせるかが面接ではとても重要になります。

 

面接をチャンスに!!

面接試験は、数多くいる就職希望者の中で企業に対して自分を印象づける絶好の機会でもあります。

 

就職試験の最後のハードルといえる面接で失敗しないためには、自分のスキルや人物像をしっかり相手に見せることです。

 

集団面接と個人面接の違い

面接には集団面接と個人面接があります。

 

集団面接とは応募者が複数集まり、一人あるいは複数の面接担当者から質問を受け回答していく面接方式です。

 

一次面接など採用試験の序盤に多く行われるのが集団面接であり、自己紹介や自己PR、社会人としてのマナーなどが見られます。

 

大勢の中で埋没しないよう、自分をPRできるかが大事です。

 

一方、自分は1人で面接官と相対する形式の面接が個人面接となります。

 

個々人に時間をかけて面接ができるので、面接試験でも中後半に採用される形式です。

 

より重要性の高い面接であるといえるでしょう。

 

個人面接の場合には細かい部分まで見られることになりますが、緊張せずに行うようにしましょう。

 

模擬面接で面接の練習

面接を無事に突破できるように模擬面接をしておくのもいい方法です。

 

採用面接での質問はパターンがいくつかありますので、聞かれそうなことに対する答えを決めておくと話しやすくなります。

 

面接での受け答えは、長々と語りすぎても、一言二言で終わらせるのも、よくありません。

 

質問への答えが茫漠としていたり、とっちらかっているのも評価が下がりますので、要注意です。

 

多少の緊張は誰にでもあることで、決してマイナス評価にはならないので、自分の答えをきちんと伝えることを心掛けましょう。

 

面接対策では、インターネットや書籍での情報収集も役に立つでしょう。

 

模範解答のようなものは書籍で調べることができますが、面接を通過する決め手は、定型文で終わらせず自分の言葉を折り込むことにあります。

 

採用される面接術!

新しい職場での採用を得るためには面接を突破することが重要であり、そのためには会話能力や自己アピール力が重要になります。

 

採用面接がうまくできないという人は多いですが、面接は採用試験で必ず行われることになるステップです。

 

大抵の企業は、採用の決め手として面接試験の結果を使っていますので、面接でいい結果が出せないと希望の仕事にはつけません。

 

企業の採用担当者からプラスの評価を得るためには、自分が会社にとって有用な人物であると思ってもらうことが大事です。

 

面接官に対して失礼な態度を取ることはできませんが、慎重になり過ぎてあまりに口数が少ないとマイナスの印象を与えてしまうかもしれません。

 

嘘をついてはいけないことは当然ですが、どういう言い方をすれば相手に受け入れられやすいかを考えることは大事です。

 

重要なことは、企業サイドにこの人を採用したいと思ってもらえるような話のもっていき方ができるかどうかです。

 

自分自身をどう相手にアピールするかや面接の場で会話が弾んでいるムードを作りだせるかも大切になります。

 

面接で評価される人物像とは?

面接の場で高く評価される人物像として、対人交渉能力が高く、自分の言いたいことを相手に話せるかどうかがあります。

 

誰とでもうまくやっていけるような会話能力を持っていることが、仕事の場では重視されます。

 

黙っていて最低限のことしか話さないというスタイルではなく、積極的に会話ができる人の方が、良好な人間関係を築くことができます。

 

目指す企業の採用されるためには、意思疎通が滞りなくできる人物であることを相手に感じ取ってもらえるかが、成否を分けるようです。

 

この記事のまとめ

今回は効率の良い就活の方法や、面接の重要性を紹介していきました。

 

僕自身就活は面接に最大の力を入れています。

 

書類選考では伝わらない人間としての魅力を採用担当に見せれるのは、絶好の機会ですし、チャンスです。

 

ぜひ就職フェアを活用し、面接を極めて就活に臨んでみましょう!

  • この記事を書いた人

Hide

ブロガー【経歴】早稲田大学を経てアメリカ東海岸のリベラルアーツ大学へ入学 ▶︎コンピューターサイエンス専攻 ▶︎ハーバード大学「ハッカソン」タイトルスポンサー賞受賞 ●大学休学中 ●フルスタックエンジニア ●複数レーベルと契約

-ワーク
-, , , , ,

© 2020 Buzzdoo