留学

【海外大学受験】リベラルアーツカレッジとは?アメリカの少人数精鋭大学の費用や入学難易度、出願時のアドバイス。

悩んでる人

海外の大学へ留学したいのだけれど、大学の種類が多すぎてわからない。アメリカのリベラルアーツカレッジって何だろう?

 

今回はこの疑問にこたえていきます。  

 

センター入試が廃止となり、大学入試において英語がかなり重要になってきました。

 

入学方法もAO入試や推薦入試の割合が各校毎年増えています。

 

そこで、「いっその事海外の大学へ進学してみようかな」と視野を広げるチャレンジャーたちも増えてきています。

 

現在はまだまだ情報が少ない海外の大学への現役進学。「学費が恐ろしく高い」「勉強が大変」など世間で出回ってるフェイクニュースに騙されて、留学を諦める人を数多くみてきました。

 

今回は現在アメリカのとあるリベラルアーツカレッジに通っている僕が、このシリーズでは実際に留学において必要な費用や入学難易度、出願時のポイントなどを紹介していきます。

 

 

まずはじめに。

リベラルアーツカレッジについて

f:id:travelmoments:20190911080028p:plain

みなさんリベラルアーツカレッジがどのような所かご存知でしょうか?

 

リベラルアーツカレッジとは、アメリカにある少人数精鋭大学。

 

共通理念は「全人教育」であり、規模が小さく大体全校生徒が1000人から4000人です(つまり1学年250人から、多くても1000人)。

 

日本の私立高校と大して変わらない人数の所が多いです。出願時は専攻を決めないでよく、入学してから2年かけて様々なクラスをとり、じっくり自分の本当にしたい事を探すことができます。

 

ダブル専攻やトリプル専攻をする事も可能です。

 

また、専攻と合わせて副専攻も複数選ぶことができます。

 

ダブル専攻やダブル副専攻をしてる人はかなりいます。

 

生徒が少ない分生徒間の距離がかなり近いです。

 

リベラル・アーツ・カレッジは、リベラル・アーツ教育に焦点をあてた教育を学部課程で行なう4年制大学。

大学院を持たず学部生への教育のみを行うか、持っていても修士課程のみであることが多い。

多くは私立の全寮制で、1学年の生徒が300-700人と極めて少人数であるのが特徴。

世界ではアメリカ合衆国に集中して存在する。

アメリカ合衆国の大学は、大学院を持つ大規模な研究型大学(Reserch University)、リベラル・アーツ・カレッジ(Liberal Arts College)、公立で地域の学生が通う2年制のコミュニティ・カレッジ(Community College) に大別される。

日本の大学と異なり、多くのアメリカの学部課程カリキュラムには「法学部」「医学部」「経営学部」(またはその専攻課程)がなく、それらの専門に進む生徒はまず4年制学部過程(Undergraduate School)で学ぶ必要がある。

大学院には、法科大学院(Law School)、医科大学院(Medical School) 、経営大学院(MBA) といった専門職大学院と、学部過程で学んだ専門をさらに追究する学術系大学院に大別される。 

リベラル・アーツ・カレッジ卒業生は、4年間で広くリベラル・アーツを学んだのちにこれら大学院に進学し更なる専門を学ぶ生徒が多い。

参照:Wikipedia

 

アメリカの少人数大学は施設が整っているところが多く、やりたいことがあればすぐにそれを実現できる環境が揃っています。

 

例えば新しく楽器を習いたい生徒は、音楽学部の教授にその旨を伝えればコースガイドにのっていないような無料レッスンを紹介してくれたりします。

 なぜリベラルアーツカレッジを選ぶべき?

f:id:travelmoments:20190911080035p:plain

大学へ行くことが将来のキャリアを見据えた事だけではなく「学習」に焦点を当てたいからであればリベラルアーツカレッジを選択する理由になるでしょう。

 

学生は大学内で過ごす濃い時間を通して、速いスピードで人間的に成長していきます。

 

また、英語が少し苦手な人もリベラルアーツカレッジが向いています。教授や他の学生がいつでも宿題を手伝ってくれますし、授業内での発言のし辛さも考慮してくれます。

 

リベラルアーツカレッジの方が(人クラスの人数が少ないため)比較的普通の大学より良い成績が取りやすいので、大学院へ進みたい人へもリベラルアーツカレッジ受験をお勧めします。

リベラルアーツカレッジの入学難易度、出願時のアドバイス 

f:id:travelmoments:20190911080031p:plain

普通のアメリカの大学でも言える事ですが、リベラルアーツカレッジは競争力に違いがあります。

 

(↓のサイトで各リベラルアーツカレッジの難易度がランキング形式で紹介されています)

 

www.usnews.com

 

なので普通受験生は難易度・合格可能性を考えつつ多くの大学を受験します。

 

合格基準は、定型的かつ客観的なものから、大学に対する学生の「適合」など主観的な要素までと様々です。

 

一般的には学生は次のように評価されます:GPA、志望理由、クラスランク、SATまたはACTのスコア、TOEFLのスコア、背景と経験、および高校のカウンセラーまたはその他(キリスト教学校の場合は牧師など)からの推薦。大学によってこれらの比重は異なります。

 

例えば一部のリベラルアーツカレッジはSATのスコア提出は希望者のみであり、合否判断にSATは全く関係ありません。

 

場合によっては大学がある州の学生が優先されることもあります。

 

リベラルアーツカレッジに入学する際の難易度は、Harvard University(ハーバード大学)に匹敵するものから、一般的なレベルのものにまで多岐にわたります。

超名門のリベラルアーツカレッジにはAmherst College(アマースト大学)、Swarthmore College(スワースモア大学)、Williams College (ウィリアムズ大学)、Bowdoin College(ボードイン大学)などが挙げられ、それぞれ教育理念に特徴があります。

また、Wesleyan University(ウェズリアン大学)のようにUniversityでありながら、リベラルアーツカレッジの名門校として扱われている学校もあります。

いずれもアメリカの超難関総合大学と同程度の入学基準で、SAT®・TOEFL®テストも非常に高いスコアを要求されます。

例えばTOEFL®テストスコアの目安はAmherst College(アマースト大学)が100、Swarthmore College(スワースモア大学)が112、William College (ウィルアムズ大学)が79、Bowdoin College(ボードイン大学)が100、Wesleyan University(ウェズリアン大学)が100程度とされています。

上記のような超名門リベラルアーツカレッジは、相当な英語力を含めた学力がないと入学は難しいのが現実ですが、アメリカには実に多様なリベラルアーツカレッジが存在しています。

そのほかに、高い評価を得ている名門リベラルアーツカレッジには、日本の桜美林大学の創設者が大学名の着想を得たOberlin College(オーバリン大学)やColorado College(コロラド大学)、Lafayette College(ラファイエット大学)、Union College(ユニオン大学)などが挙げられます。

また、オーソドックスなリベラルアーツカレッジとしてもMary Baldwin College(メリー・ボルドウィン大学)、West Virginia Wesleyan College(ウェスト・バージニア・ウェスレヤン大学)、Thiel College(セル大学)など、様々な大学があります。

これらの学校の中には、授業の一環として留学生のための英語の補助講座があるなど手厚いサポートが用意されているところもあります。

参照:ベネッセ公式

 

リベラルアーツカレッジの学費

f:id:travelmoments:20190911083252p:plain

リベラルアーツカレッジの学費はピンからキリで、このサイトに載っています:

 

2020 Best National Liberal Arts Colleges | US News Rankings

 

通常、学費をいくら払えるか受験時に大学に報告しなければいけません(親の収入を報告しなければいけない)。

 

学費に関しては個々の大学にメールで問い合わせてみると、案外奨学金をポンと出してくれるところもあります。

 

通常親の収入が1000万円以下の場合で生徒が優秀であれば、奨学金が出るはずです(他国の生徒には奨学金を出さないと定めている大学もあるので一概にはいえませんが)。

 

出願する大学が決まっていれば、早い段階から大学のアドミッションオフィスに問い合わせてみましょう。

 

最新のリベラルアーツカレッジランキング

f:id:travelmoments:20190911080025p:plain

アメリカの最新リベラルアーツカレッジランキングを紹介!

 

  1. アマースト【Amherst】大学(マサチューセッツ州)
  2. ウィリアムズ 【Williams】 大学  (マサチューセッツ州)
  3. ポモナ【Pomona】大学(カリフォルニア州)
  4. ウェルスリー【Wellesley】大学( マサチューセッツ州)(※女子大)
  5. スワースモア【Swarthmore】大学( ペンシルバニア州)
  6. クレアモント・マッケナ【Claremont Mckenna】大学( カリフォルニア州)
  7. カールトン【Carlton】大学(ミネソタ州)
  8. ミドルベリー【Middlebury】大学(バーモント州)
  9. ハヴァフォード【Haverford】大学(ペンシルバニア州)
  10. スミス 【Smith】大学( マサチューセッツ州)(※女子大)

出典:Times Higher Education”Best liberal arts colleges in the United States 2020”

  1. ポモナ【Pomona】大学 (カリフォルニア州)
  2. ウィリアムズ【Williams】大学   (マサチューセッツ州)
  3. ハービイ・マッド【Harvey Mudd】大学(カリフォルニア州)
  4. スワースモア【Swarthmore】大学( ペンシルバニア州)
  5. ボードウィン【Bowdoin】大学(メイン州)
  6. アマースト【Amherst】大学(マサチューセッツ州)
  7. クレアモント・マッケナ【Claremont McKenna】大学(カリフォルニア州)
  8. ミドルベリー【Middleburry】大学(バーモント州)
  9. ベイツ【Bates】大学(メイン州)
  10. ウェズリアン【Wesleyan】大学(コネチカット州)

(出典:Forbes “Top 15 Liberal Arts Colleges 2019: Claremont Colleges Vs Little Ivies”)

 

Hide
今回はリベラルアーツカレッジとは?という疑問に答えていきました。また次回も書いていくつもりなので読んでみてください。
  • この記事を書いた人

Hide

ブロガー【経歴】早稲田大学を経てアメリカ東海岸のリベラルアーツ大学へ入学 ▶︎コンピューターサイエンス専攻 ▶︎ハーバード大学「ハッカソン」タイトルスポンサー賞受賞 ●大学休学中 ●フルスタックエンジニア ●複数レーベルと契約

-留学

© 2020 Buzzdoo